献血と病棟の仕事の違いについて

主に健康な方を相手にする仕事

dsfjijfsd
 

献血の仕事と病棟の仕事の最大の違いは
献血の仕事は健康な方を相手にする仕事である。
ということがあります。

病棟に入院してくる患者さんは、
基本的に疾患や怪我を負って
加療が必要な方になります。

 

一方、献血の仕事はボランティアとして
健康な方が血液を提供してくれるものです。

気持ちの面では献血の仕事は気が楽
緊急性がなく精神的なプレッシャーを感じずに済む。

 

このように感じている看護師が多いのが
献血の看護師の特徴的な面でもあります。

 

公私の区別がつけやすい

 

献血の仕事は夜勤や残業が少なく、
仕事とプライベートの区別がつきやすい。
と感じている看護師も多くいます。

病棟看護師の場合には、
どうしても夜勤や残業が多い仕事になります。

 

場合によっては休みの日であっても
緊急性が高い自体が発生すると
オンコールを受けて対応をする必要が有りますよね。

でも、献血の仕事はこのような緊急性が高い事態
というものがほとんどありませんので、
休日はしっかりとお休みが取れます。

 

血液センターや献血ルームの仕事なども
決まった時間には受付が終了するために
残業時間が殆どないという特徴もありますよね。

病棟では休日でも休んだ気がしなかった。
という看護師は多くいますが、
献血ではしっかりと休日を過ごせる看護師が多くなります。

 

必要な看護スキルが特化している

oiweridjf
 

病棟勤務の看護師の場合には、
必要になってくる看護スキルはとても幅広く
さまざまな知識・技術が必要になります。

しかし、献血の仕事の場合には、
必要になってくる看護スキルがある程度特化してきます。
特に穿刺技術は抜き出て高くなります。

 

献血の仕事をしていると
採血・健康管理・健康コンサル
といったスキルは自然と身についていきます。

しかし、他のスキルについては
スキルアップを望むことが難しいという点があります。

 

献血はサービスを提供する

 

献血はどちらかというとサービス業である。
と感じている看護師も多くいます。

理由としては、献血にやってきてくれるのは
善意のボランティアであり、患者さんと違って
「お客様」として接する必要があると感じている。

 

という気持ちが多くなります。

患者さんは病気や怪我を治すために病院にきますが、
献血はその人が血液を提供してあげる。
というボランティアの精神で来てくれるものなんです。

 

そのため、献血に来てもらった看護師としては、
献血に来てくれたドナーにたいして
質の高い接客を行う必要が出てきます。

最近では献血をしてくれる人も減ってきてしまっていて
ドナーの確保が難しいとも言われています。

 

血液サンターや献血ルームでの
看護師の対応が良いことが求められている時代です。

よりよい接客技術を身に着ける必要がある。
サービスを提供する必要がある。
この辺りは病棟とは大きく異なる点ですよね。

献血センターの看護師募集の内容

献血に携わる看護師の募集はどこで行われるの?

quwhurhhjf
 

献血に携わる仕事というのは、
血液センターや献血ルームなどがあります。
これらの求人はいったいどこで行っているのでしょうか?

実は血液センターや献血ルームの求人は
日本赤十字社のそれぞれの支社で行っています。

 

日本赤十字社の採用情報の中から看護師を選ぶと
どこの地方で看護師を募集しているのかを
チェックすることが出来ます。

その中から血液センターでの看護師募集の内容を
見ることが出来るようになっています。

 

血液センターによって募集内容なども異なります。
勤務時間や勤務条件なども異なりますので、
まずはこの情報をチェックしてみてくださいね。

ただ、調べてみる前にある程度
どんな内容なのか知りたいですよね。

 

幾つかのケースをチェックしてみましたので、
見てみてくださいね。

 

茨城県赤十字血液センターの場合

 

正職員の看護師を募集している情報が
茨城県赤十字血液センターでありましたので
内容をチェックしてみましょう。

勤務条件は変形労働時間制ですが、夜勤はりません。
週休2日で、年間休日日数は平成26年実績で124日です。

 

月給は198,300円からで、学歴や経歴によって
加算
が期待できますよ。賞与も年2回です。
さらにこの他に各種手当も付きます。

福利厚生についても、
各種社会保険完備で厚生年金基金もあります。

 

大阪府赤十字血液センターの場合

juehufhads
 

次に大阪府赤十字血液センターの求人情報を
チェックしてみましょう。

血液センター及び事業所での勤務または
献血ルームでの勤務になり、勤務日は週に5日です。
土日祝については、月の半数以上で勤務が必要です。

 

給料は日給制で、血液センターや事業所の場合には
平日であれば11680円、土日祝は12880円です。
献血ルームの勤務は13380円
になります。

賞与は年2回で時間外手当も支給があります。
各種社会保険も完備です。

 

40歳までに入社、2年間日給制での勤務をすることで
正職員への登用もあります
よ。

選考は書類選考の後に面接、
作文試験にパスをすると内定をもらうことが出来ます。

 

パート採用はあるの?

 

献血の仕事をしてみたいけど、
週5日の降るタイム勤務は難しいという人もいますよね。

血液センターは基本的に正職員もしくは嘱託採用になり
フルタイム勤務で月の半分は土日祝が出勤
という勤務条件での募集になります。

 

しかし献血ルームの場合には
時給制のパート採用もありますよ。

ただし、週3日程度の勤務の場合には、
雇用保険や労働保険への加入をすることが出来ますが、
健康保険や厚生年金、厚生年金基金への加入はできません。

 

パート採用でもシフトによっては休日出勤がある
可能性は出てきますので、
雇用の時にはよく相談をすることが大切ですよ。

献血ルームで働きたいナースへ

献血ルームでの仕事内容

cawejgoa
フルタイムで働いていると献血に行くことも
なかなかありませんよね。

あまり内情が知られていない献血ルームで
働きたいという看護師さんがよくおられます。
献血ルームでの仕事内容とはどういったものなのでしょうか。

 

主な業務内容は、採血のための装置の操作と、
献血してくださっている方が
気分が悪くなっていないかなどを観察することです。

業務内容的にはそれほど複雑ではありませんが、
最初に採血をする装置の操作手順を覚えるまでは
少し業務に時間がかかることになります。

 

また、病院での業務とは異なり、
患者さんに対してではなく、
健康な人に対して接することになります。

健康な人に、ボランティアで献血をして「頂いている」
という立場になるので、
病院勤務の時よりも、質の高いサービスを求められます。

 
 

仕事は難しいか?

先にもあったように、
仕事的にはそれほど忙しくありませんし、
夜遅くまで働かなければいけないわけでもありません。

病院勤務と比べて収入は少ないですが、
拘束時間は短いです。

 

病院勤務を選ぶ若い看護師よりも、
年齢層が高くなっていますので、離職率も高く、
求人は多くなっています。

作業は単調でスキルアップは望めませんが、
プライベートを大切にしながら仕事を続けたい方には
向いているのではないでしょうか。

 
 

献血の仕事の注意点

cawejga
医療業界では、
さまざまな資格を持ったスタッフが働いています。

いずれの資格も、
簡単に取得することはできないものばかりなので、
非常に専門的な業務に従事することが多いです。

 

一般的には、病院やクリニック、
医療センターといった場所で仕事をすることになります。

しかし、やや特殊性のある現場
仕事をする場合もあります。

 

典型的な例としては、献血ルームのような場所を
挙げることができます。

献血というのは、
病院などで血液検査を行う場合とは異なり、
負傷した患者に輸血するための血液を採取する場です。

 

病院などで、採血に携わる機会の多い看護師でも、
献血を行う場合は気をつけて作業をしなければなりません。

採血を行うのと共通する部分もありますが、
異なる注意点もあるのです。

 
 

仕事のやり甲斐とは?

献血ルームでの仕事というのは、
病院やクリニックでの仕事と比べて、
単調な作業になってしまうことも多いです。

そのため、自ら希望して献血に携わる場合を除き、
やりがいを感じにくいのが現実です。

 

しかし、やりがいを感じることができるかどうかは、
仕事の内容というより、
本人の意識次第という面が大きいです。

訪れた人々が安心して献血をすることができるように、
さまざまな点に気を配りながら
仕事をすることが大切です。

 
 

献血センターの看護師の仕事

献血センターで働く看護師

bajewaf
医療に関わる仕事をする場としては、
病院やクリニックがあります。

しかし、病院から離れた場所で働く場合もあるのです。
たとえば、献血センターのような現場です。

 

看護師という職業は、
必ずしも病院での勤務をするわけではなく、
献血などの作業に携わることも多いです。

どのような仕事をしたいかによって、
勤務する現場は変わってきます。

 

献血センターでの仕事内容というのは、
一般的な病院やクリニックとは大きく異なっているので、
初めて献血に携わる場合は注意が必要になります。

献血というのは、
血液検査などで採血を行うのではありません。

 

採取した血液は、他の人に輸血するために用いるものなので、
より慎重に作業をしなければならないのです。

血液に関する知識を
豊富に身につけておくことが求められます。

 
 

スキルを磨く事が重要

病院・クリニックでの勤務経験が長い看護師の場合、
献血に関する作業を
スムーズに行うのが難しいことも多いです。

経験豊富なスタッフに教わりながら、
しっかりと知識・スキルを磨いていくことが大切です。

 

仕事内容について、
詳細な部分まで理解をしておかなければなりません。

献血に関する現場で一人前のスタッフになるまでには、
相当な時間が必要になるのが一般的です。

 
 

献血センターの業務

bawefae
看護師の業務としては大きな病院で働く以外にも、
各種施設、百貨店内の医務室など多岐にわたります。

そして、求人数はとても少ないのですが、
献血センターで働くという業務もあります。

 

献血センターで働く看護師の基本的な仕事は
まずは採血を行う事です。
そして、血液を提供する方へのケアもあります。

特に初心者の場合には
緊張をして気分の悪くなる方も多いので、
そうならないように話しかけたりすることも重要です。

 

その後、血液の検査データをもとに
保健指導を行うこともあります。

主には採血が中心の仕事になりますが、
輸血を受ける患者さんとも間接的な関わりがあり、
血液を提供していただく方と直接的な関わりをもつ
とても重要な、やりがいのある職業です。

 
 

献血の仕事が人気の理由

また、夜勤がなく、残業も少ないので
子供がいる主婦や、家庭の事情で忙しい主婦にも
続けやすい職業ともいえます。

逆に残業手当がつかない分、給料が安くなりますが、
福利厚生が手厚いというメリットもあります。
年間の休日数はとても魅力的です。

 

そして、血液を提供して頂く方は、健康な方ばかりなので、
病院で病気の方と接しなければならないストレスもなく、
自分自身の健康にとっても、とてもメリットがあります。

 
 

献血の看護師の仕事とは?

献血の看護師の仕事内容

elagka
献血の時の看護師の仕事内容としては、
注射器の用意や事前の消毒、
献血後の使用済み針の処置などがあります。

仕事としては人数が多く大変ですが、
内容としてはパターン化されているので
なじみやすくすぐに覚えることができ
自発的に行動することができます。

 

特別車両や特別ルームなどで行うことが多く、
移動のありなしには違いがありますが、

不特定多数の人とのふれあいになりますので、
ちょっとした気遣いや心配りが大切になります。

 

機械的に処理していくパターンも
大人数の場合には
時間内で処理しなければならないため
必要になりますが、

大抵の場合には不安になっている方を励ましたり、
小さなお子様をなだめたり話しかけたりするなどして
気を紛らわせてあげたりすることが必要になります。

 
 

トラブルへの対応

もともと人助けの目的で参加している人が多いので、
行列ができていたりして時間の目安がつかない場合でも
マナーを守ってくれる人がほとんどですが、
やはり人間同士ですのでトラブルも発生します

看護師の仕事内容の専門性とは別になりますが、
いざという時の効果的な一言を発することができたり、
笑いに変えて場をなごませたりすることができるなど
人間性も深くかかわってくることになります。

 
 

看護師として

eajaiewg
看護師という職業は、資格を活かして
生涯医療機関や施設などで働くことができます。

また、一時休業をしても
再び職場で復帰できるという点は
有資格者の強みでもあります。

 

仕事は日勤、夜勤などがありますが、
最近ではパートタイマーとしても
受け入れる病院が多くなってきました。

子育てや家事と両立を図る女性にとっては、
パートタイマーで一時期は働き、
子供が成長したら正社員として働くことも可能です。

 

また、高給与の待遇の良い医療機関もあり、
やりがいを感じる仕事として
多くの人気を集めている職業です。

 
 

献血の仕事のやりがい

中でも献血センターでは、
多くの患者様と触れ合いながら、
献血という責任感のある仕事を行います。

病気の原因を突き止める献血は、
重要な役割を担う仕事として、
大きな病院の中には必ず設けてあります。

 

責任がある仕事としてやりがいを感じることが多く、
多くの患者様の病因を調べることで、
患者の命が救える場面も多々あります。

献血センターで働く方は
全国には大変多く存在していますが、
医師との連携で
患者様の病気を完治させる役目を果たす仕事です。

 

現場では多くの医療機器などを操作しながら
様々な検査を行ったり、献血を行ったりしながら
最新医療の先端で働くことができる職業なので
やり甲斐を感じられます。