献血センターの良い求人の探し方

header

caution

献血センターの求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が いい求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、献血の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事があるからです。

 

そのため、献血センターの求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは献血の求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「献血センターで働きたい!」「献血の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

献血センターのいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 献血センターの求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 看護のお仕事

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「献血の非公開求人」 があります。

 

献血の求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 献血の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 マイナビ看護師
実績ある安心のブランド・マイナビが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して献血センターの求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 献血センター求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution

2つの転職サイトに登録しても問題ありません

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ登録しておくと 献血センターのいい求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは献血センターの求人は2つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに3つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計5つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


看護師という仕事は、免許を取得することさえ出来れば、生涯に渡り医療機関で活躍することが出来ますよね。一時的に離職したとしても、再度医療現場に復帰しやすいというのは看護師ならではでもあり、責任感を強く持っている看護師が多くいますよ。また、家庭があるという看護師や、育児中という看護師の中には、正職員ではなくパートとして働いている看護師が多くなっています。
ただ、パートという働き方ではやりがいを感じることが難しく、任される仕事も中途半端だと感じている看護師が多いのも事実です。その点、献血センターでの仕事は、パートでもやりがいを感じることが可能となっており、責任感もある仕事ですよ。多くのドナーの方と触れ合いつつ仕事を行いますので、人と関わることが好きだという看護師にも向いています。
献血の仕事というのは何となく単調で、やりがいも感じられないのでは?という看護師もいるかもしれません。ですが、医療現場の中では最先端とも言える仕事となっていますよ。血液に潜む病気の原因を突き止めることなども、献血センターで研究されているんですね。また、直接的に患者さんのケアを行うことは少なくなりますが、血液を必要としている患者さんに対し、自分が採血した血液が提供されます。
間接的に患者さんにとってとても重要な血液を届けるという仕事になっています。献血センター自体が、医療の現場として最先端にあることで、そこで働く看護師も最先端の医療に携わる事が可能なんですね。


献血センターの看護師は、夜勤が無く残業も少なめとなっているんです。看護師の多くは、夜勤もこなし、残業も多いという病棟勤務を経験していますよね。給与明細などを見てみると、夜勤手当や残業手当の金額が桁違いに多いという看護師もいます。そうなると、献血センターの仕事では夜勤手当や残業手当がない分、給料が随分低くなってしまうのではと感じるかもしれません。
実際の給料は、月収約20万円程度となっており、基本給では大体病院と同じくらいなんですね。ですが、手当が付かない分やや低めになるという事は、確かにあるんです。
基本給はそのようになっていますが、実際に働いてみると、意外と収入が多いこともありますよ。これは、経験加算、通勤手当、家族手当、住宅手当といったような各種手当がつくことが多くなるからなんです。献血の仕事を長年勤めると、実務経験が増えることになり、給料も上がるんですね。正職員ではなくパートとして働く場合、大体が日給の計算となります。その場合、日給8,500円程度が相場となり、そこに交通費などが支給されます。
シフト自体はかなり余裕があることも多く、育児中の看護師でも、時間に追われるということがあまり無く、落ち着いて働く事が出来ますよ。


献血センターの看護師が実際にもらっている給料は、どのくらいだと思いますか?基本的には夜勤も無く、残業も少ないという事から、夜勤手当や残業手当が無いんですね。基本給ベースでみると、病院勤務の時とあまり差が無いのに、夜勤手当と残業手当という大きな収入源がありませんので、やはり病院勤務よりは少なくなってしまうんです。ただ、他の手当が多くつくことがあります。
勤務する地域によって変わりますが、少し変わった手当として地域手当があります。勤続年数が長くなると、住宅手当、扶養手当といったものも加算されることがありますよ。あまり多くはないにせよ、残業がある場合には残業手当もしっかり支給されます。そのような手当を含めると、初年度でも年収が350万円くらいになることも多いんですよ。
勤続年数が長くなるにつれ、基本給も高くなります。基本給が上がれば、様々な部分において収入が増えますよね。例えば、残業手当も基本給をベースとして計算されることになりますし、ボーナスについても基本給がベースとなります。長く勤務すれば、各種手当が上がり、ボーナスも上がるということになります。
献血センターでは休日出勤もありますので、休日出勤の手当も支給されますし、年末年始などには特別手当も出ます。このように、様々な手当が支給されることになりますので、思っていたより給料が多かったという看護師も多く居ますよ。


看護師が活躍する職場には、様々なものがありますよね。その中の一つとして、献血の仕事があります。献血の仕事は、やはり採血を行うことがメインとなります。注射が得意という看護師や、穿刺が苦手ではないという看護師でなくては、少し難しい職場となります。実際に働いた際に行うことになる業務は、決して採血だけではありません。採血の際には、問診を行っていきますよね。この問診では、ドナーの方の様々な情報を適切に得なくてはなりません。
中には採血に際し緊張しているドナーの方もおられますので、リラックスしてもらえるような話術も必要となります。その時々に応じたコミュニケーション能力が求められるんですね。問診や医師の判断により採血が可能となれば、採血キットを用意し、採血を行っていく事になります。
採血をしている最中や、採血後などには、ドナーの方への心配りが必要になります。採血中に体調が悪くなるドナーの方もおられますので、そのような症状が現れた際にはしっかりと対応するためにも、常に見守ることが大切です。採血後には水分補給をしていただき、休憩を促すことも、看護師の役割です。
看護師として卓越した技術や知識といったものが必要となる現場ではないのですが、採血の失敗は許されません。ドナーの方が安心して採血できるように、環境を整えていく事が大切なんですね。

献血の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの献血センター 転職サイトを見る