病棟の看護師でも献血の仕事に転職できますか?

病棟から献血へ

dsfjijfsd
 

看護師でも多くの方が
病棟勤務をしているというのが現状です。

今は多種多様な職場が出てきた看護師ですが、
自分のライフスタイルに合わせて職場を変える
ということを考えている看護師も多いですよね。

 

病棟勤務と異なり、
日勤のみの勤務になる献血の仕事を選びたい。
そう考える看護師も多くいます。

病棟勤務から献血の仕事に転職する。
というときに心配になるのが、
私には献血の仕事が出来るのか?

 

ということになってきますよね。
でも、現在献血の仕事をしている看護師の多くは
最初から献血の仕事をしていたわけではありません。

多くのケースで病棟勤務から献血の仕事に
転職をした人が多いんですよ。

 

献血と病棟の違い

 

病棟勤務をしている看護師と
献血の看護師では仕事の内容が異なります。

もともと病気や怪我を抱えている患者さんのケアをする
病棟看護師に比べると、献血の看護師は
健常者の方から採血をするという仕事になります。

 

病棟勤務に比べると精神的なプレッシャーが少なく、
手技自体も少ないものになりますので
病棟勤務の看護師でも十分に活躍することが出来ます。

ただ、問題になってくるのは穿刺技術です。

 

病棟勤務の看護師の中には
点滴や注射など穿刺技術が苦手という方もいますよね。

また看護師の中には血液を見るのが苦手という人も
実際にはいます。

 

このような方は献血の仕事はやや難しい可能性もあります。

 

献血の基本は穿刺技術

oiquhfdjs
 

献血の看護師の基本的な職務は
ボランティアのドナーから採血を行い、
血液を採取する事になります。

そのためには最低2回の穿刺が必要になります。

 

・献血前に血液検査をする時
・採血をする時

です。

 

とくに採血をする時の針は17Gと太いものになります。
当然、この17Gの針は刺せば痛みが強く感じられます。

ドナーとして血液を提供してくれる健常者に
出来るだけ痛みを抑えて献血をしていただくよう、
看護師は穿刺技術を磨いて挑む
必要があります。

 

コミュニケーション能力やサービス業的なスキルも必要

 

病棟の看護師と献血の看護師とでは
相手をする方の違いによって、
対応方法なども変わってきます。

病棟勤務の場合には、治療を優先させるために
時として患者さんに対して指示や指導を行います。

 

しかし、献血の場合には健常者が献血をしてくれる
という感謝の気持ちで対応することが求められます。

このため、病棟看護に比べると
サービス業的な対応をすることが必要になります。

 

親しみのある看護師さん
いろいろな話をしてくれる看護師さん

という存在でいる必要性があります。
この辺りは看護職というよりはサービス業の一面と
いえますよね。

 

ドナーをリラックスさせるようなコミュニケーションをはかり、
穏やかな気持ちで献血をしてもらうことが出来るように
心配りをする
ことが出来る人であればOKです。

病棟から献血の仕事に転職するときには、
このような違いがあることをよく理解することが出来れば
問題なく転職できますよ。