献血ルームでのナースの仕事内容・条件

献血ルームでナースは何をするの?

mjdgjdsg
 

最近では駅前などにある献血ルームは
とても綺麗で居心地が良い場所が多くなりましたよね。

この献血ルームで働いているナースは
普段どのような仕事をしているのでしょうか。

 

献血ルームの仕事というのは、
血液を必要としている患者さんと、
血液を提供してくれるドナーとの懸け橋になる仕事
です。

ドナーの方から血液を採取するというのが主な仕事ですが、
ドナーの方のケアを行ったり、血液検査の結果に基づいて
保健指導を行うこともあります。

 

まずは一連の流れを見てみよう

 

では、まずは一人のドナーの方が献血ルームに来てから
献血ルームを退出するまでの間に
看護師が行っている仕事の流れをチェックしてみましょう。

ドナーが献血ルームに来所したら、まずは受付と問診、
そして健診を行います。

 

ナースはバイタルチェックをはじめ、
ドナーの様子をチェックして緊張をほぐすように
対応
をします。

その後医師が献血の適否を判断し、採血が「適」
となったらドナーの方を採血のためのベッドに案内します。

 

採血用のキッドを用意して採血の準備を行い、
穿刺をして採血を行っていきます。
採血の為の機器類の設定なども行います。

採血の間にはドナーの方に異変がないかなど
状態をしっかりと観察しながら、採血の機会の様子なども
しっかりとチェックして行きます。

 

採血が終了したら針を抜いて、ドナーの方には
休憩と水分補給をしてもらうように促します。

 

難しくないの?

qiuwhejf
 

献血の仕事は難しそう。
注射や点滴とかもともとあまり得意じゃなかったんだけど。
失敗すると大変なんじゃないの?

献血の仕事に対するいろいろな疑問もありますよね。

 

献血ルームに勤務する前というのは
実は血液センターでみっちりと研修を受けてから勤務
という流れになっています。

もともと献血ルームは日本赤十字社が運営しているので
きめ細やかな研修が行われているんです。

 

注射や点滴が得意じゃない。
というナースでも研修を終えるころには
穿刺スキルもかなりスキルアップ
していきますよ。

 

他にも仕事ってあるの?

 

献血ルームでのナースの仕事は
基本的には採血に関係する仕事だけになります。

ただ、採血に関する資材の管理などは
看護師が主体となって行うことがありますよ。

 

自分たちが業務に使うものですから、
しっかりと管理することも大切ですよね。

また、レポートを記載するということも
仕事の中にはあります。

 

インシデントレポート
アクシデントレポート
ヒヤリハットレポート

など、献血ルームも医療の現場の一つですから、
これらのレポートを書く必要があることも出てきます。

 

できれば書きたくないレポートですが、
意外に書く機会が多いとも言われているんですよ。

これはやはり日本赤十字社が運営しているということで、
かなり細部な点でレポート提出をしなければならない
というケースがあるようです。