献血センターの良い求人の探し方

header

caution

献血センターの求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が いい求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、献血の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事があるからです。

 

そのため、献血センターの求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは献血の求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「献血センターで働きたい!」「献血の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

献血センターのいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 献血センターの求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースではたらこ

4-300
ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「献血の非公開求人」 があります。

 

献血の求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 献血の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 ナースフル
5-300
実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して献血センターの求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 献血センター求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution

2つの転職サイトに登録しても問題ありません

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ登録しておくと 献血センターのいい求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは献血センターの求人は2つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに3つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計5つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


看護師という仕事は、免許を取得することさえ出来れば、生涯に渡り医療機関で活躍することが出来ますよね。一時的に離職したとしても、再度医療現場に復帰しやすいというのは看護師ならではでもあり、責任感を強く持っている看護師が多くいますよ。また、家庭があるという看護師や、育児中という看護師の中には、正職員ではなくパートとして働いている看護師が多くなっています。
ただ、パートという働き方ではやりがいを感じることが難しく、任される仕事も中途半端だと感じている看護師が多いのも事実です。その点、献血センターでの仕事は、パートでもやりがいを感じることが可能となっており、責任感もある仕事ですよ。多くのドナーの方と触れ合いつつ仕事を行いますので、人と関わることが好きだという看護師にも向いています。
献血の仕事というのは何となく単調で、やりがいも感じられないのでは?という看護師もいるかもしれません。ですが、医療現場の中では最先端とも言える仕事となっていますよ。血液に潜む病気の原因を突き止めることなども、献血センターで研究されているんですね。また、直接的に患者さんのケアを行うことは少なくなりますが、血液を必要としている患者さんに対し、自分が採血した血液が提供されます。
間接的に患者さんにとってとても重要な血液を届けるという仕事になっています。献血センター自体が、医療の現場として最先端にあることで、そこで働く看護師も最先端の医療に携わる事が可能なんですね。


献血センターの看護師は、夜勤が無く残業も少なめとなっているんです。看護師の多くは、夜勤もこなし、残業も多いという病棟勤務を経験していますよね。給与明細などを見てみると、夜勤手当や残業手当の金額が桁違いに多いという看護師もいます。そうなると、献血センターの仕事では夜勤手当や残業手当がない分、給料が随分低くなってしまうのではと感じるかもしれません。
実際の給料は、月収約20万円程度となっており、基本給では大体病院と同じくらいなんですね。ですが、手当が付かない分やや低めになるという事は、確かにあるんです。
基本給はそのようになっていますが、実際に働いてみると、意外と収入が多いこともありますよ。これは、経験加算、通勤手当、家族手当、住宅手当といったような各種手当がつくことが多くなるからなんです。献血の仕事を長年勤めると、実務経験が増えることになり、給料も上がるんですね。正職員ではなくパートとして働く場合、大体が日給の計算となります。その場合、日給8,500円程度が相場となり、そこに交通費などが支給されます。
シフト自体はかなり余裕があることも多く、育児中の看護師でも、時間に追われるということがあまり無く、落ち着いて働く事が出来ますよ。


献血センターの看護師が実際にもらっている給料は、どのくらいだと思いますか?基本的には夜勤も無く、残業も少ないという事から、夜勤手当や残業手当が無いんですね。基本給ベースでみると、病院勤務の時とあまり差が無いのに、夜勤手当と残業手当という大きな収入源がありませんので、やはり病院勤務よりは少なくなってしまうんです。ただ、他の手当が多くつくことがあります。
勤務する地域によって変わりますが、少し変わった手当として地域手当があります。勤続年数が長くなると、住宅手当、扶養手当といったものも加算されることがありますよ。あまり多くはないにせよ、残業がある場合には残業手当もしっかり支給されます。そのような手当を含めると、初年度でも年収が350万円くらいになることも多いんですよ。
勤続年数が長くなるにつれ、基本給も高くなります。基本給が上がれば、様々な部分において収入が増えますよね。例えば、残業手当も基本給をベースとして計算されることになりますし、ボーナスについても基本給がベースとなります。長く勤務すれば、各種手当が上がり、ボーナスも上がるということになります。
献血センターでは休日出勤もありますので、休日出勤の手当も支給されますし、年末年始などには特別手当も出ます。このように、様々な手当が支給されることになりますので、思っていたより給料が多かったという看護師も多く居ますよ。


看護師が活躍する職場には、様々なものがありますよね。その中の一つとして、献血の仕事があります。献血の仕事は、やはり採血を行うことがメインとなります。注射が得意という看護師や、穿刺が苦手ではないという看護師でなくては、少し難しい職場となります。実際に働いた際に行うことになる業務は、決して採血だけではありません。採血の際には、問診を行っていきますよね。この問診では、ドナーの方の様々な情報を適切に得なくてはなりません。
中には採血に際し緊張しているドナーの方もおられますので、リラックスしてもらえるような話術も必要となります。その時々に応じたコミュニケーション能力が求められるんですね。問診や医師の判断により採血が可能となれば、採血キットを用意し、採血を行っていく事になります。
採血をしている最中や、採血後などには、ドナーの方への心配りが必要になります。採血中に体調が悪くなるドナーの方もおられますので、そのような症状が現れた際にはしっかりと対応するためにも、常に見守ることが大切です。採血後には水分補給をしていただき、休憩を促すことも、看護師の役割です。
看護師として卓越した技術や知識といったものが必要となる現場ではないのですが、採血の失敗は許されません。ドナーの方が安心して採血できるように、環境を整えていく事が大切なんですね。

献血の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの献血センター 転職サイトを見る

 

献血の良い求人を見つける方法とは?

kenketsu

駅などで見かけることが出来る献血ルームや、
血液センターなどは、日勤のみの仕事としてすごく人気ですよね。

でも、献血の仕事をやってみたいと思っても、
「なかなか献血の求人を見たことがない」
という人も多いのではないでしょうか?
それもそのはずなんです。

 

献血の仕事というのは、
比較的 勤務条件も良いので、離職する人が少ないんです。

離職者が少ないと、どうしてもポストに空きがない状態なので、
求人が出ない。ということになるんですよね。

 
でも、まったく離職者がいないという訳ではありません。

やはりいろいろな事情で離職をする という人もいます。
この時にはじめて求人が出るということになるんですよね。

 
献血の仕事は、日本赤十字社の血液センターのサイトなどで
探すことが出来るんですが、
タイミングが悪いと見つけられません。

そこで、求人が出たらすぐに教えてもらえるようにしておくと、
効率よく献血の仕事に就くことが出来ます。

 
求人が出たらすぐに教えてもらうことが出来るのが、
「看護師専門の転職サイト」です。

転職サイトとは、看護師の求人情報をたくさん持っていて
自分が希望する求人を無料で紹介してもらえるサイトです。

 

1

 

転職サイトに登録をして自分の希望を担当者に相談をしておくと、
希望条件に合った求人を探してもらうことが出来る
というかなり便利なサイトなんですよ。

「献血の仕事をしてみたい」
ということをあらかじめ相談をしておけば、
献血の求人が出たらすぐに紹介をしてもらうことができます。

 

oiweridjf
かなり便利なので、たくさんの看護師が利用しています。

無料なので、献血の仕事がしたい人は
気軽に登録しておくと便利でしょう。

やさしいスタッフの人から連絡をもらえますよ。

 

 

→ 献血の求人の紹介はこちら(無料)

※登録は1分でかんたんにできます
サービス利用料・登録料は一切無料です

 

※かんたんな登録が終わると、
優しい親切なスタッフから連絡があり
献血の求人を紹介してもらえます

 

献血の看護師求人を効率よく探す方法

献血の看護師求人は希少なの?

ehwfsfsf
 

献血の看護師求人は比較的希少と言われています。

もともと病院の数に比べると
日本赤十字社の血液センターや献血ルームの
絶対数は少ない
からです。

 

血液センターや献血ルームで働く看護師も
病棟勤務で働く看護師に比べたら数がいる。
というわけではありませんよね。

そのため、求人の数自体は決して多い物ではなく、
欠員が出なければなかなか求人も行われません。

 

しかし、まったく求人がないという事ではありません。
探してみればちゃんと献血の看護師求人はありますので、
求人を探す方法を確認してみましょう。

 

日本赤十字社の血液センターで探す

 

献血の看護師求人は、日本赤十字社の
血液センターで行われています。

そのため、日本赤十字社の血液センターの
公式サイトをチェックしてみると求人を探せます。

 

血液センターはそれぞれの都道府県に1つあり、
さらに地区ごとにブロック血液センターがあります。

それぞれの血液センターには採用情報が
掲載されていますので、
この採用情報をチェックしてみてください。

 

それぞれの血液センターごとに採用情報がある場合や
ブロック血液センターで総合的に情報を掲載している

という場合もあります。

血液センターでの求人は、
基本的には嘱託採用もしくはパート採用で、
2年間の勤続後、条件によって正職員登用。

 

ということが多くなっています。

 

転職サイトを利用して探す

oiuwuher
 

日本赤十字社では、「転職サイト」を使って
職員採用を行っていることもあります。

例えば九州ブロック血液センターの採用情報をみると
マイナビにある日本赤十字社企業マイページにて
採用情報の掲載があります。

 

このように、転職サイトを利用すると
献血の看護師求人を探すことが出来る
ケースもあります。

もちろんマイナビ以外にも、
転職サイトは沢山あります。

 

看護師専門の転職支援サイトなどを利用すると、
血液センターだけではなく、駅前などにある
献血ルームの求人情報などもチェックできますよ。

パートタイムなどで働きたい、
決まった献血ルームで働きたい。
このような希望がある方は転職サイトの方がおすすめです。

 

勤務条件など詳しく知りたい人は転職サイトへ

 

日本赤十字社の血液センターでの求人は
詳細な情報などが今一つ分かり難いという方も多く、
ちょっと応募するのに勇気がいるという人もいます。

より詳しい求人情報を見たい、聞きたい。
という人は、転職サイトを利用する方が
より詳しい求人情報をチェックすることが出来ます。

 

転職サイトに登録をして情報検索をした場合、
よくわからない点などはキャリアコンサルタントなどの
担当者に聞いて詳しく知ることが出来ます。

また、今現在応募がなさそうな献血ルームについて、
募集はしないのか?ということを逆に聞いてみることで
転職サイトが求人があるかどうかを確認してくれます。

 

自分の希望するところに応募することが出来る可能性も
とても高くなる
のでおすすめですよ。

病棟の看護師でも献血の仕事に転職できますか?

病棟から献血へ

dsfjijfsd
 

看護師でも多くの方が
病棟勤務をしているというのが現状です。

今は多種多様な職場が出てきた看護師ですが、
自分のライフスタイルに合わせて職場を変える
ということを考えている看護師も多いですよね。

 

病棟勤務と異なり、
日勤のみの勤務になる献血の仕事を選びたい。
そう考える看護師も多くいます。

病棟勤務から献血の仕事に転職する。
というときに心配になるのが、
私には献血の仕事が出来るのか?

 

ということになってきますよね。
でも、現在献血の仕事をしている看護師の多くは
最初から献血の仕事をしていたわけではありません。

多くのケースで病棟勤務から献血の仕事に
転職をした人が多いんですよ。

 

献血と病棟の違い

 

病棟勤務をしている看護師と
献血の看護師では仕事の内容が異なります。

もともと病気や怪我を抱えている患者さんのケアをする
病棟看護師に比べると、献血の看護師は
健常者の方から採血をするという仕事になります。

 

病棟勤務に比べると精神的なプレッシャーが少なく、
手技自体も少ないものになりますので
病棟勤務の看護師でも十分に活躍することが出来ます。

ただ、問題になってくるのは穿刺技術です。

 

病棟勤務の看護師の中には
点滴や注射など穿刺技術が苦手という方もいますよね。

また看護師の中には血液を見るのが苦手という人も
実際にはいます。

 

このような方は献血の仕事はやや難しい可能性もあります。

 

献血の基本は穿刺技術

oiquhfdjs
 

献血の看護師の基本的な職務は
ボランティアのドナーから採血を行い、
血液を採取する事になります。

そのためには最低2回の穿刺が必要になります。

 

・献血前に血液検査をする時
・採血をする時

です。

 

とくに採血をする時の針は17Gと太いものになります。
当然、この17Gの針は刺せば痛みが強く感じられます。

ドナーとして血液を提供してくれる健常者に
出来るだけ痛みを抑えて献血をしていただくよう、
看護師は穿刺技術を磨いて挑む
必要があります。

 

コミュニケーション能力やサービス業的なスキルも必要

 

病棟の看護師と献血の看護師とでは
相手をする方の違いによって、
対応方法なども変わってきます。

病棟勤務の場合には、治療を優先させるために
時として患者さんに対して指示や指導を行います。

 

しかし、献血の場合には健常者が献血をしてくれる
という感謝の気持ちで対応することが求められます。

このため、病棟看護に比べると
サービス業的な対応をすることが必要になります。

 

親しみのある看護師さん
いろいろな話をしてくれる看護師さん

という存在でいる必要性があります。
この辺りは看護職というよりはサービス業の一面と
いえますよね。

 

ドナーをリラックスさせるようなコミュニケーションをはかり、
穏やかな気持ちで献血をしてもらうことが出来るように
心配りをする
ことが出来る人であればOKです。

病棟から献血の仕事に転職するときには、
このような違いがあることをよく理解することが出来れば
問題なく転職できますよ。

看護師の献血の求人は希少?

求人は実際あるの?

dsfjijfsd
 

献血の仕事をしてみたいという看護師は
とても多いですよね。

でも、実際求人はあるのでしょうか?
もしかして献血の求人は希少なの?
そんな風に感じているという人もいると思います。

 

実際ハローワークなどで検索をしてみても
あまり看護師の献血の仕事は見つかり難い状態です。

ハローワークは公の機関としては
とても多くの求人情報を取り扱っていますが、
ハローワークにもない求人というのはとても多いんです。

 

献血の看護師の求人も実はハローワークでは
あまり見つけやすい求人ではないんです。

ではどうしたら見つかるのか?
というと、まずは日本赤十字社のサイトをチェックする。
という方法があります。

 

日本赤十字社の血液センターの求人を見てみよう

 

献血に携わる看護師の仕事募集をしているのは
全国にある日本赤十字社の血液センターになります。

血液センターで働く看護師をはじめ
献血ルームに勤務している看護師も
この血液センターで求人をしています。

 

血液センターは日本各地にありますので、
日本赤十字社のサイトに行って、
まずは血液センターの求人を探してみます。

血液センターで求人が出ていれば、
それぞれのセンターごとに応募概要などが載っているので
この情報に基づいて応募する事になります。

 

すべての血液センターで求人が行われている
ということはありませんが、
大体のケースではどこかの血液センターの求人はあります。

ただ、自分が住んでいるところの間近にある
血液センターで必ずしも求人があるわけではありません。

 

血液センターの公式サイトでの求人は希少

kjndjuhf
 

実際に血液センターの公式サイトで出ている求人は
決して多い数ではないので
希少な求人とも言えますよね。

看護師の求人自体も、
非常勤や嘱託などの求人は出ていても
正職員になるとなかなかない。

 

そんな風に感じる人もいるかと思います。

ただ、血液センターでは基本的には
嘱託として2年間勤務したのちに、正職員で
雇用されるというケースが多くなります。

 

年齢制限などもあります。
募集要項を良くチェックしてみると記載がありますので、
確認してみてくださいね。

ただ、血液センターの求人情報というのは
期待しているほど多い数ではありません。

求人は希少と言えるくらいな数なんですよ。

 

転職サイトにも求人情報がある!?

 

実は血液センターの求人は
血液センターの公式サイト以外でも募集があるケース
というのはあるんです。

それが転職サイトです。

 

意外に血液センターの公式サイトには掲載がない
という自分の身近な血液センターの求人が
転職サイトにはあった。

というようなこともあるんです。

 

また、血液センターではなく、
献血ルームのパート採用などが
転職サイトに登録されているということもあります。

献血の求人を探してみるのであれば
血液センター以外にも、転職サイトをチェックする
という方法もおすすめですよ。

献血センターの看護師に求められるスキルや知識

なんといっても穿刺技術は必須

nmcnjhdf
 

血液センターや献血ルームに勤務する看護師は
なんとっていっも穿刺技術は必要ですよね。

採血では最低でも2回穿刺することになります。

 

まずは採血が可能かどうかの血液検査を行う時に1回
そして献血の機械で採決をする時に1回です。
成分献血も穿刺のは1回だけです。

しかし、この献血で穿刺針は通常の物に比べると
17Gとかなり大きく、技術力がない人が行うと
とても痛い
んです。

 

1回ですんなり穿刺することができればいいのですが、
万が一失敗して穿刺し直しなんということになると、
ドナーの方には大変な苦痛になってしまいます。

善意のボランティアで献血をしてくれるドナーの方に
多くの苦痛を与えるということは
献血に携わる看護師には行ってはならないこと
なんです。

 

成分献血についての知識が必要

 

献血には全献血と成分献血があります。
全献血はその名前の通りに血液を採血するだけなので
あまり多くの知識は必要になりません。

でも、成分献血は知識も必要になります。

 

成分献血というのは血液中の必要な成分だけを
ドナーの方の血液から採取して他の血液は
ドナーの方に返します。

仕組みとしては透析の仕組みと似ています。
取り出すものこそ透析は不要なものですが、
血液の中から取り出し、血液を戻すということは同じです。

 

この成分献血の機械自体も実は1種類ではなく
いくつもの種類があります。

成分献血ではその仕組みを理解し、
さらにそれぞれの機械類の操作法などをマスターする

ということが必要になってきます。

 

看護師は看護者というよりサービス提供者

oiquhfdjs
 

看護師の仕事は患者さんの看護をすること。
というのが基本ですよね。

病院勤務の看護師はもちろんこの看護者が基本ですが
献血に携わる看護師の場合には、看護者というよりは
サービス提供者の立場にあると言われているんです。

 

献血をしてくれる人は善意のボランティアドナーです。
わざわざ献血をしてくれる人に対して、看護師は
感謝の気持ちで接する必要があります。

患者さんと異なり健常者の方の相手ということもあり、
笑顔で受け答えをするなど、サービス提供者としての
スキルも必要
になってきますよ。

 

コミュニケーションスキルも重要

 

看護師の中には黙々と採血だけをするのが
献血の仕事と考えている人もいますが、
献血の看護師にはコミュニケーションスキルが重要です。

献血をして下さるドナーの方にの中には、
やはり採血にあたって緊張をしている人もいます。

 

そのような緊張を解き、リラックスした状態で
献血をしてもらうことが出来るように、
看護師は積極的に声掛けをしたりします。

時には他愛もない話をしながら献血をしてもらうくらい
看護師にはコミュニケーションスキルも大切になります。

 

ドナーの方には同じような年ごとの方もいれば
まったく年齢も性別も異なる方もいます。

幅広い年代、性別の方と気軽にコミュニケーションをとる
ということは苦手な方もいますよね。
苦手というに人にとっては大変な職場になってしまいます。

血液センターで働く看護師の実情とは?

イメージと実際の違い

elagka
 

求人情報で得られるイメージと
実際に働いてみた時とは異なる。
ということはよくありますよね。

よく血液センターの仕事は

 

・決まった時間で帰ることが出来る
・基本採血を行うだけでいい
・注射や点滴が上手な看護師なら楽勝な仕事

というイメージを持っている看護師もいますよね。

 

でも、実際に働いてみるとイメージとは違う
という看護師はとても多いんです。

では、実際に働いてたことがある看護師から
血液センターの実情を聞いてみました。

 

小さい子供がいる看護師は大変!?

 

血液センターは比較的時間が決まっている仕事なので
まだ子供がちいさなママ看護師に向いている仕事。
とよく言われていますが、そんなことはないんです。

日本赤十字が運営している日赤病院であれば
院内保育設備というのはとても充実しているけど、
血液センターにはほとんど保育設備がないんです。

 

もちろん、時短とか献血ルームでパート採用
ということであれば問題がないんですが、
フルタイムの正職員になると大変です。

保育園は外部で探さないといけませんし、
送り迎えも家族の協力がないと難しかったです。

 

献血バスに乗るときは朝も早いですし、
帰りも時間が読めません
ので、
小さい子供がいる看護師は大変だと思います。

どちらかというと子育て世代よりは
子育てが少し落ち着いて小学生高学年や
中学生くらいになったママに向いているかなと思います。

 

給料は良かった

uehjksnhfd
 

血液センターは日本赤十字社が運営している。
ということもあって、給料は準公務員並みなので
かなり給料は良かったですよ。

血液センターは夜勤がないので、
最初は夜勤がない分給料も低いよと聞いていたけど、
日勤の病院勤務とほぼ同等でしたよ。

 

急患とかないですし、精神的なプレッシャーがないのに
これだけの給料をもらうことが出来たら満足ですし、
時間外手当もちゃんと出るのは嬉しいですよね。

土日に勤務があればちゃんと休日手当も出るので、
この点は嬉しいですね。

 

家族がしっかりとその辺を理解してくれれば、
給料面ではあまり不満はない感じの職場だと
思いますよ。

 

覚えることもあったけど楽しかった

 

採血が主な仕事でしたが、血液センターの仕事も
覚えることはすごくありました。

成分献血とかでは透析の機械とほぼ同じような
機械を使って行うので、操作方法とか覚えないといけないし、
知識も持っている必要があるんですよね。

 

私の同僚には血液センターから透析室に転職した。
なんて人もいましたよ。
透析も似た感じかなっていいながら。

献血に来てくれる人もいろいろな人がいて、
何度も献血に来てくれる人とは
顔見知りになっていろいろな話もしました。

 

そういうところは病院に比べると
気軽にいろいろなお話が出来て
楽しかったですよ。

献血ルームでのナースの仕事内容・条件

献血ルームでナースは何をするの?

mjdgjdsg
 

最近では駅前などにある献血ルームは
とても綺麗で居心地が良い場所が多くなりましたよね。

この献血ルームで働いているナースは
普段どのような仕事をしているのでしょうか。

 

献血ルームの仕事というのは、
血液を必要としている患者さんと、
血液を提供してくれるドナーとの懸け橋になる仕事
です。

ドナーの方から血液を採取するというのが主な仕事ですが、
ドナーの方のケアを行ったり、血液検査の結果に基づいて
保健指導を行うこともあります。

 

まずは一連の流れを見てみよう

 

では、まずは一人のドナーの方が献血ルームに来てから
献血ルームを退出するまでの間に
看護師が行っている仕事の流れをチェックしてみましょう。

ドナーが献血ルームに来所したら、まずは受付と問診、
そして健診を行います。

 

ナースはバイタルチェックをはじめ、
ドナーの様子をチェックして緊張をほぐすように
対応
をします。

その後医師が献血の適否を判断し、採血が「適」
となったらドナーの方を採血のためのベッドに案内します。

 

採血用のキッドを用意して採血の準備を行い、
穿刺をして採血を行っていきます。
採血の為の機器類の設定なども行います。

採血の間にはドナーの方に異変がないかなど
状態をしっかりと観察しながら、採血の機会の様子なども
しっかりとチェックして行きます。

 

採血が終了したら針を抜いて、ドナーの方には
休憩と水分補給をしてもらうように促します。

 

難しくないの?

qiuwhejf
 

献血の仕事は難しそう。
注射や点滴とかもともとあまり得意じゃなかったんだけど。
失敗すると大変なんじゃないの?

献血の仕事に対するいろいろな疑問もありますよね。

 

献血ルームに勤務する前というのは
実は血液センターでみっちりと研修を受けてから勤務
という流れになっています。

もともと献血ルームは日本赤十字社が運営しているので
きめ細やかな研修が行われているんです。

 

注射や点滴が得意じゃない。
というナースでも研修を終えるころには
穿刺スキルもかなりスキルアップ
していきますよ。

 

他にも仕事ってあるの?

 

献血ルームでのナースの仕事は
基本的には採血に関係する仕事だけになります。

ただ、採血に関する資材の管理などは
看護師が主体となって行うことがありますよ。

 

自分たちが業務に使うものですから、
しっかりと管理することも大切ですよね。

また、レポートを記載するということも
仕事の中にはあります。

 

インシデントレポート
アクシデントレポート
ヒヤリハットレポート

など、献血ルームも医療の現場の一つですから、
これらのレポートを書く必要があることも出てきます。

 

できれば書きたくないレポートですが、
意外に書く機会が多いとも言われているんですよ。

これはやはり日本赤十字社が運営しているということで、
かなり細部な点でレポート提出をしなければならない
というケースがあるようです。

献血の看護師の給料・年収

献血の看護師ってお給料が高いの?

eajaiewg
 

血液センターや献血ルームに勤務している
看護師の給料って気になるところですよね。

献血は日勤だけで夜勤がないから、
その分給料は低めという話を聞くけど、
実際の処本当なのか。

 

という辺りも気になるところです。

では、実際の給料や年収などを
求人情報や実際に働いている人の現状で
チェックして行ってみたいと思います。

 

求人情報から見る給料や年収~時給・日給編

 

実際に出ている求人情報の給料や年収を
まずはチェックしてみましょう。

献血の看護師は赤十字の血液センターで
募集を行っています。

 

しかし、実はそれぞれの血液センターによって
その求人内容や雇用形態が異なっています。

基本的には最初の雇用は嘱託職員という形態で
勤務することが多く、このケースでは時給制や
日給制の給料になります。

 

時給制のモデルとして、神奈川県の血液センターの
求人情報をチェックしてみました。

時給制の場合、1400円~スタートして、
経験や年齢などによっては加算があります。

土日祝日の勤務の場合には時給は1890円です。

 

日給制のモデルとして大阪府の血液センターの
求人情報をチェックしてみました。

日給制の場合には平日は11,680円、
土日祝日の勤務の場合には12,880円
になります。
賞与も年2回センターの規定によって支給されますよ。

 

求人情報から見る給料や年収~月給編

jiejiursd
 

では月給制で働くことが出来る
常勤嘱託の給料を求人情報からチェックしてみましょう。

北海道の赤十字血液センターでの正職員の
血液センター職員の求人情報です。

 

基本給は188900円~250600円で、
経験年数による加算があります。

さらに、通勤手当が1ヶ月上限55000円
住居手当が1ヶ月上限28500円
扶養手当が1人目は13000円、2人目以降6500円

 

寒冷地手当が11月~3月には支給され
8600円~26380円になります。

他にも地域手当や役付き手当、時間手当なども
支給されます
よ。

 

賞与は年2回で平成25年度の実績では3.95ヶ月分
支給されました。

 

実際に働いている人の給料は?

 

では実際に献血の仕事をしている看護師さんに
お給料について聞いてみました。

実際に働いている人の給料はどんな感じなのでしょうか?

 

血液センターをはじめとして、
日赤のお給料というのは基本的には公務員に準じてます。
つまり、公的な病院に勤務している看護師とほぼ同じ

というのが実情なんですよ。
という声があります。

 

ただ、夜勤がないこと、残業もあまりないために、
基本給のみということが多いため、
やはり病棟勤務などに比べると給料は低めかな。

という声が多くなってきます。

 

ただ、日勤のみと考えれば、妥当なラインだと思う。
という声が多いのが特徴的です。

献血バスでも看護師を募集してますか?

献血バスに乗車する看護師

uehjksnhfd
 

市区町村役場やショッピングモール、
イベントなどの会場にやってくる献血バスでは
看護師が働いていますよね。

この献血バスに乗車している看護師。
いったいどこの看護師が乗車しているのでしょうか。

 

病院に勤務している看護師?
いいえ、あの献血バスに乗車している看護師は
主に血液センターに勤務している看護師なんです。

血液センターに勤務している看護師が、
日によって常設の施設で献血の仕事に携わったり、
献血バスに乗車して勤務をしたりします。

 

そのため、献血バスに乗車するときには
乗車手当なども出る
んですよ。

 

献血バス専属の看護師もいるの?

 

血液センターに勤務している看護師の中には
献血バス専属の看護師がいるのか?
と思う人がいるかもしれません。

でも、実は献血バス専属の看護師がいる。
というわけではない
んです。

 

献血バスに乗車する看護師は、
血液センターで献血の仕事をしている看護師が
交代で乗車する仕組み
になっています。

献血バスはほぼ毎日どこかに運行をしていますが、
1つの血液センターが持っている献血バスの数は
決して多いわけではありません。

 

日本全国で2013年時点では290台の献血バスがありますが、
そのすべてが毎日稼働しているというわけではあません。

献血バスが稼働していないと
献血バス専属の看護師がいた場合には勤務がない
ということになってしまいますよね。

 

献血バスに乗車するには?

poiuhjn
 

看護師が献血バスに乗車して勤務をするのは
実は血液センターに勤務すればだれでもすぐに乗れる。
というわけではないんです。

献血バスは限られた人数で、限られた機材によって
採血の業務を行う必要がある仕事
になります。

 

献血の途中で起こり得るアクシデントなどに
どのように対応したらいいのかなどを
あらかじめセミナーなどで勉強をする必要があります。

そこで、まずは血液センターでしっかりとした
研修が行われる
んですよ。

 

これは献血バスだけではなく、献血ルームに勤務する
看護師でも同じように血液センターでの研修を
しっかりと行ってからでなければ業務に付くことが出来ません。

 

献血バスは採血だけするわけではない

 

献血バスは何となく毎日違うところに行くことが出来るし
採血だけすればOKだから楽そう。
そんな風に思っている看護師もいるかもしれませんね。

でも、実際には献血バスに乗車する手当が出るくらい
大変な仕事になっているんです。

 

献血バスに乗車するたびに資材を持出し、
その資材管理なども行わなければなりません。
意外に力仕事も多いんです。

もともと血液センターや献血ルームなど、
献血に関わる仕事の場合には、定期的な人事異動があり、
1つの処でずっと勤務するということが少ない職場です。

 

血液センター勤務というのは意外に自分の希望通りの
勤務が出来るというわけでもない
ので、
献血バスに乗りたいのになかなか乗れない。

というケースも出て来るんですよ。